通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > 画像チップ/解像度 > PC/AT関係
VGA
辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:ヴィージーエイ
外語:VGA: Video Graphics Array
品詞:名詞

PC/AT互換機の基本的なグラフィックス機能の規格。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。

目次
概要

IBMが1987(昭和62)年に発表したもので、同社のPS/2用に開発されたもの。

次の二つのモードを持っている。

特徴

特に、640×480の解像度を指してVGAと呼ぶこともある。Microsoft Windowsの登場まではこれが使われ続けて来た。

後にこの規格を上位互換で拡張したSVGAと呼ばれるものがよく使われるようになり、現在ではオペレーティングシステムの改良もあって解像度の自由度も高まり、様々なものが使われるようになった。

リンク
用語の所属
画面解像度
グラフィック
関連する技術
CGA
EGA
XGA
SVGA
QVGA
関連する用語
IBM
PS/2
PC/AT互換機

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic