通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > 画像チップ/解像度 > PC/AT関係
WUXGA
辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:ダブリュー-ユーエックスジーエイ
外語:WUXGA: Wide Ultra XGA
品詞:名詞

ワイド画面用のUXGAのこと。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。

目次
概要

特に標準は無いが、一般には1,920×1,200ピクセル。

具体的には、縦幅は元のUXGA規格(1,200ピクセル)に合わせ、横幅を元の幅(1,600ピクセル)よりも広げたものをいう。これにより、横長画面、つまりワイド画面とする。

特徴

2007(平成19)年末頃に最も注目を集めた大型液晶ディスプレイのサイズで、各社、概ね24型以上の製品に、このサイズを置いていた。

2011(平成23)年現在は、ワイドテレビと同寸のフルHD(縦が狭い)が普及したこともあり、WUXGAは22型以上のハイエンド製品向けとなっており、価格も高止まりしている。

リンク
用語の所属
画面解像度
グラフィック
WU
関連する用語
UXGA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic