通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > テレビ受像機
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > 画像チップ/解像度 > PC/AT関係
フルHD
辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:フル-エイチディー
外語:full HD
品詞:名詞

ワイド画面用の画面の画素数(画面解像度)に対する通称の一つで、テレビ受像機などの製品において、HDTV解像度以上の解像度を備えたもののこと。

目次
概要

HDTVで一般的なのは、1080i(1125i)解像度(有効画素数1,920×1,080)の放送であり、この解像度以上に対応するものを一般に「フルHD」という。

「フルHD」対応の高級なビデオカメラでは、1080pで撮影できるものもある。

フルHDパネル」と表示する製品は、水平1,920ピクセル×垂直1,080ピクセルの解像度を備えたパネル(液晶パネルやプラズマパネルなど)を用いている。

かくして、フルHDと表示された製品では、フルにHDの解像度を楽しむことができる。

特徴
普及

2010(平成22)年以降頃から、地上デジタルテレビジョン放送(地デジ放送)対応のワイドテレビなどAV用途で広く普及し主流となった。

これに伴い、パーソナルコンピューター用の一般的なディスプレイ装置(概ね21型以上)でも広く採用され、廉価なものは殆どがフルHD(店頭では16:9と表示されていることが多い)となった。

製品

PC用として、近年はよく使われるようになったが、横に対して縦が狭いため、窮屈な印象を受ける人が多い。

PC向けワイドディスプレイとしては以前は、縦横比16:10(8:5)程度が普及していたため、これに対応する1,920×1,200のWUXGAがフルHDの対抗ということになるが、価格差が大きい。

2011(平成23)年現在、フルHDの22型程度の製品が1万円台からあるのに対し、WUXGAの同型は5万円以上するものが多い。

リンク
用語の所属
画面解像度
グラフィック
関連する用語
WUXGA
HDTV
フルHDパネル
4K2K

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic