通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > テレビ受像機
4K2K
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送用語編 (WBCASTY)
読み:よんけーにけー
外語:4K2K
品詞:名詞

テレビ受像機などの製品において、4,000×2,000(1K=1,000)ピクセル前後以上の画面解像度を持った製品のこと。欧米では単に4Kと呼ぶことも多い。

目次
概要

液晶ディスプレイPDPなど薄型テレビの高画質化の第一波は「フルHD」であったが、更なる高画質化として解像度の向上を図った第二波が4K2Kである。

面積(総画素数)としてフルHD(1,920×1,080)の4倍程度ある。現行放送でこれだけの画素数を持った物はなく、現時点では完全にオーバースペックな製品となるが、将来には普及するものと期待されている。

特徴
製品

価格が非常に高価になるため、登場し始めた頃は民生品はなかった。

しかし家電メーカー各社は徐々に4K2Kパネルの販売を始め、2012(平成24)年現在、高額ではあるが市販品を入手することが可能。

解像度

QFHD

解像度は、必ずしも4,000×2,000である必要はない。アスペクト比を考えると、このような製品は逆に不可能である。

最も現実的なものは、フルHDの縦横2倍、面積4倍となるQFHD(3,840×2,160ピクセル/829万画素)解像度の製品である。ITU-Rでは、これを「4K UHDTV」としている。

参考価格として、2009(平成21)年11月1日に発売されたソニーのQFHD解像度、10ビットパネルを搭載した56型液晶モニター「TRIMASTER SRM-L560」は、価格6,825,000円で、受注生産となっていた。

その後徐々に価格は下がり、2012(平成24)年現在、東芝の「55ZS5」などが実売価格75万円前後で存在する。


ITU-R勧告 BT.2020

ITU-R勧告 BT.2020では、NHKの開発した8K4K(7,680×4,320ピクセル@120fps)と共に、QFHDの4K2K(3,840×2,160ピクセル)も仕様に含められた。

ITU-Rは、UHDTVを二種類定義しており、4K2Kは「4K UHDTV」、8K4Kは「8K UHDTV」としている。


DCI

業界標準化団体のDigital Cinema Initiatives(DCI)による仕様では、4Kの解像度とフレームレートは4,096×2,160/24pと定義されている。

縦はQFHDと同じだが横が更に広い。アスペクト比は256:135(約17:9)という微妙なものとなっている。

放送

製品だけあってもソフトウェア(放送など)がなければ無意味である。

日本では、MPEG-2より圧縮率が高いITU-T H.264(MPEG-4 AVC)を使い、QFHD(3,840×2,160/60P)の放送が計画されている。

また、実験として8K4Kである8K UHDTV(7,680×4,320/60P)の解像度を用いたスーパーハイビジョンも計画されているとしている。

リンク
用語の所属
2K
4K
関連する用語
フルHD
HDTV
QFHD
8K4K

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic