通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > テレビ受像機
8K4K
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送用語編 (WBCASTY)
読み:はちけーよんけー
外語:8K4K
品詞:名詞

テレビ受像機などの製品において、8,000×4,000(1K=1,000)ピクセル前後以上の解像度を持った製品のこと。

目次
概要

NHKが開発した8K4Kが、ITU-R勧告 BT.2020として国際規格となった。

画素数は7,680×4,320で、60fpsに加えて120fpsが存在する。

特徴

ITU-Rでは、この解像度をUHDTV(ultra-high definition television)として定義している。

UHDTVは4K2Kの「4K UHDTV」と、8K4Kの「8K UHDTV」がある。

またNHKが開発したスーパーハイビジョンは、「8K UHDTV」の解像度に、22.2chのサラウンド音響を加えた技術である(つまりUHDTVとスーパーハイビジョンは同義では無い)。

リンク
用語の所属
8K
4K
関連する用語
HDTV
4K2K
スーパーハイビジョン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic