通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 映像方式 > フォーマット名
1080p
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:せんはちじゅうピー
外語:1080p
品詞:名詞

HDTV(高品位テレビ)のフォーマットの一つで、有効走査線数が1080本でプログレッシヴ・スキャンであるもの。

目次
概要

走査線1125本プログレッシヴ・スキャン(1125p)で、有効走査線数から1080pと一般に呼ばれる。

主な仕様は次のとおり。

特徴
用途

フルスペックHDTVとも呼ばれ、HDTV中最も高画質なフォーマットである。

テレビ放送では、地上波、衛星含めて存在しない。コンピューターの出力などでは存在し、HDMIなどの端子で使われている。

D端子

D端子でも規定される5種類フォーマットの一つで、D端子で利用できる映像中で最高の画質が実現可能なフォーマットではあるが、BSデジタルや地上波デジタルの4種類のフォーマットには含まれていない。

D端子は結局普及しなかったが、その中でもD5端子を要する1080p(1125p)に対応した装置は更に少なかった。

現実に、1080pの放送が実現するのかどうかは不明である。

リンク
関連する用語
HDTV
関連する装置・機器
フルHD
D端子
D5端子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic