通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置 > キーボード > キー > Windows独自のキー
Windowsキー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:ウィンドウズキー
外語:Windows key
品詞:名詞

Microsoft Windows環境の操作用として、Windows 95から対応が始まったファンクションキーの一つである修飾キー。

目次
概要

英語104キーボードでは左側がCtrl・Windows・Alt・スペースの順、右側はスペース・Alt・Windows・Application・Ctrlの順で配置される。

日本語106キーボードも英語キーと同様、CtrlとAltに挟まれる位置に配置されている。

左側がWindowsキー
左側がWindowsキー

特徴

Windows 95/Windows NT 4.0では、このキーを押すとスタートメニュー(スタートボタンから開かれるメニュー)が表示される。

また、このキーを押しながら他の特定のキーを押すことで、特別な機能を実現する(例えばWindowsキーを押しながらEを押すとエクスローラが起動する等)。

リンク
用語の所属
ファンクションキー
キーボード
関連する用語
Applicationキー
ミ田

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic