通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > OS環境別 > Linux界隈
debugfs
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:デバッグ-エフエス
外語:debugfs
品詞:名詞

Linux 2.6以降で導入された疑似ファイルシステムの一つ。

目次
概要

ユーザープロセスから、デバイスやドライバーなどに関するカーネルのデバッグ情報にアクセスするためのインターフェイスとして提供される、オンメモリーのファイルシステムである。

procfsとは違いプロセスに縛られず、sysfsのように厳密なルールで情報が管理・提供されるわけでもない。あくまでデバッグ用の情報集であるため、開発者自身が、入出力したい情報を任意に定義することができる。

特徴
用法
マウント

UbuntuやAndroidなどは、最初から/sys/kernel/debugにマウントされるようにカーネルがビルドされる。

Androidの場合、さらに、起動時にinit.rcで次のようにしてシンボリックリンクが作られている。

symlink /sys/kernel/debug /d

関数

linux/debugfs.hをincludeすることで、次の関数が利用できる。

リンク
関連する用語
/sys
/sys/kernel
procfs
sysfs

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic