通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム
疑似ファイルシステム
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ぎじ-ファイルシステム
外語:pseudo filesystem
品詞:名詞

カーネル内の情報へのアクセスを提供するための、仮想的なファイルシステム

目次
概要

UNIXでは、あらゆるものをファイルのように扱うという文化がある。

疑似ファイルシステムは、ファイルにアクセスするのと同様の方法で、システムの状態などへのアクセスを可能とする。

具体的には、アクセスするためのパスを用意し、アプリケーションがopen(2) read(2) write(2) ioctl(2) close(2)などのシステムコールを発行できるようにするものである。

あくまで仮想的にファイルがあるかのように見せかけているだけで、ディスクドライブ等に実際のファイルがあるわけではないことから、疑似(pseudo)ファイルシステムと呼ばれている。

特徴

よく使われている疑似ファイルシステムに、次のようなものがある。

リンク
関連する用語
ファイルシステム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic