通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > 関連用語
sysfs
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:シス-エフエス
外語:sysfs: system filesystem
品詞:名詞

Linux 2.6以降で導入された疑似ファイルシステムの一つ。

目次
概要

ユーザープロセスから、デバイスやドライバーなどに関するカーネル情報にアクセスするためのインターフェイスとして提供される、オンメモリーのファイルシステムである。

開発開始当初はddfsと呼ばれ、それがdriverfsとなり、その後sysfsとなり今に至る。

特徴

このファイルシステムでは、実際のデバイスへのシンボリックリンクが置かれるが、それをディレクトリの階層構造として表現するところに特徴がある。

またこのsysfsは、カーネルにLinuxを用いているAndroidでも同様に採用されている。

ネットワークドライバーであるとか、LEDへのアクセスなど、ハードウェアが随時変更になりそうなものでも、後述する/sys/classの下に固定的なパスでデバイスファイルを用意しておき、それを使うようにすれば、ハードウェアが変わってもソフトウェアの変更は最小限で済むメリットがある。

例えば、赤LEDなら/sys/class/leds/red/* として用意しておけば、そのLEDがどのようなハードウェア構成になっていたとしても、同じインターフェイスを用意できる(下は消灯と点灯の例)。

echo 0 > /sys/class/leds/red/brightness

echo 1 > /sys/class/leds/red/brightness

実際には/sys/class/leds/redがシンボリックリンクとなっている。

リンク
関連する用語
/sys
debugfs

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic