通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > システム > ネットワーク
wsock32.dll
辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:ダブリュー-ソックさんじゅうに-ドット-ディーエルエル
外語:wsock32.dll
品詞:名詞

Microsoft WindowsDLLの一つで、Winsock機能を実現するもの。

目次
概要

Winsock 1系の機能を持った、32ビットDLLである。

Windows 2000までは「WSOCK32.DLL」で、Windows XPでは「wsock32.dll」となっているようである。

ウイルスの標的
標的

Microsoft Outlook ExpressMicrosoft Outlookで感染するメールウイルスでは、このファイルがウイルス感染のターゲットになる。

このファイルに一度ウイルスが感染してしまったら、元のファイルを書き戻すしか方法がない。当然WindowsのCD-ROMが必要となる。

復元方法

Windows 95

Windows 95の場合はMS-DOSモードで再起動し、extractコマンドを使ってWIN95_11.CABの中にあるWSOCK32.DLLを展開し、C:\WINDOWS\SYSTEMに入れる。


Windows 98/98 SE/Me

Windows 98/98 SE/Meで復元するには、スタート→ファイル名を指定して実行で「SFC」と入力してOKし、「インストールディスクからファイルを一つ抽出する」で「C:\WINDOWS\SYSTEM\WSOCK32.DLL」と入力して「開始」を選ぶ。

続いて、復元元として「C:\WINDOWS\OPTIONS\CABS」を入力し、OKしてから画面の指示に従う。


Windows NT/2000

Windows NT/2000の場合はコマンドプロンプトからexpandコマンドを使って、\I386\WSOCK32.DL_中にあるWSOCK32.DLLをC:\WINDOWS\SYSTEM32に入れる。

リンク
関連する用語
Winsock
Microsoft Outlook Express
Microsoft Outlook
メールウイルス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic