通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > サービス > 公衆有線 > 種類別 > 直収電話
おとくライン
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:おとくライン
品詞:商品名

ソフトバンクテレコム(かつての日本テレコム)が提供する直収電話サービス。

目次
特徴

2004(平成16)年12月から順次サービス開始。アナログとISDNの双方がサービスされる。

技術

これはドライカッパーを利用し、電話機と電話回線は従来の(NTTの)ものをそのまま使いながら、収容局でソフトバンクテレコムのネットワークに接続するサービスで、NTTのネットワーク回線を経由しない。

このためNTT回線を新規取得するのに必要な施設設置負担金(電話加入権)が不要、NTT基本料も不要、といった特徴がある。電話番号も従来のものがそのまま利用可能(番号ポータビリティ)。

料金など
料金プラン

料金プランはまず2プランが提供され、通常料金タイプ(Aプラン)と全国一律料金タイプ(Bプラン)があった。

Aプランは通話料金を通話区分や市外局番単位で割引、Bプランは市外通話料金が全国一律料金となる。

現在では、次のような料金プランがあるようで、一律料金プランについては状況は不明である。

通話料金

通話料金は従量制(通常料金プラン)と定額制(一律料金プラン)が用意されていて、課金は距離と時間帯で規定されている。

例えばサービス開始時現在、同一県内なら、これは時間帯問わず8.925円/3分(税込)だった。また2005(平成17)年6月1日から追加されたシンプルプランでは事務所用は全国一律、住宅用では同一県内で8.2845円/3分(税込)である。

ちなみに当初、AプランはNTTより基本料は安かったもののプッシュ料金は別料金(税込409円)だったため、結局はNTTよりも高額となる罠があった。これも2005(平成17)年6月1日からはプッシュ料金無料に改められている。

制限

NTT回線に直接繋がらないことになるので、NTTの提供するサービスは原則として利用できない。

提供されないサービスがどうしても欠かせない場合は、おとくラインはお得ではなく、不適ということになる。

1xx特番

次の番号は特別に対応しているため、利用可能である。

対して、次のような番号はNTT独自のサービスなので利用出来ず、今後もおそらくは利用できないと考えられる。

0ab0特番

0570による統一番号サービスは利用できない。馬券やコンサートチケットなどはほぼ購入不可能となる。

また、スカパーのPPV(電話回線を利用して有料番組を視聴できるようにするもの)も利用できないという噂がある。

フリーダイアル(01200800)関係や、0990などは利用可能。

他の回線

携帯電話PHSへ/からの発着信は可能。

FAXも利用可能。

但し、Fネット(ファクシミリ通信網サービス)への発信はできない。

その他

次のような制限やデメリットがある。

リンク
関連するリンク
おとくライン
関連サービス
直収電話
関連する用語
ソフトバンクテレコム
日本テレコム
番号ポータビリティ (固定電話)
110
0570
フレッツ・ISDN
ファクシミリ通信網サービス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic