通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 音声放送(ラジオ) > 信号・技術
パイロットトーン方式
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:パイロットトーンほうしき
外語:pilot tone system
品詞:名詞

FMステレオ放送の方式の一つ。和差信号、搬送波抑圧AM-FM方式、とも呼ばれる。

概要

信号の中にモノラル音声とステレオ音声の両方の信号が含まれており、旧来のモノラル専用機との上位互換がある。

音声信号は左側と右側の和信号(L+R)と、その差信号(L-R)があり、差信号は38kHzの副搬送波を抑圧振幅変調したものである。差信号の存在の目印として、19kHzのパイロット信号が用いられる。

現在放送されているFMステレオ放送は、この方式によって実施されている。

リンク
関連する用語
FMステレオ放送
FMラジオ
ステレオ複合信号
パイロット信号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic