通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 音声放送(ラジオ)
FMステレオ放送
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:エフエムステレオほうそう
外語:FM stereo broadcasting
品詞:名詞

超短波(VHF)帯のFM放送でステレオ音声を伝送する放送。

目次
概要

音質を売りにする、いわゆるFMラジオ放送は現在は全てステレオであるが、地上アナログテレビジョン放送の音声チャンネルもFMラジオと同じ方式である。

電波の型式は、FMモノラル放送がF3Eであるのに対し、ステレオ放送はF8Eである。

技術
送受信まわり

FMのステレオ放送は、左信号(L)と右信号(R)を加算した和信号と、同じく減算した差信号を作り、これを多重化することで実現している。

このような信号はステレオ複合信号と呼ばれる。

このような方法を取るのは、元々FMによる音声放送はモノラルであり、それに信号を追加することでステレオとしたことに由来する。

技術的解決点

まず、モノラルにしか対応していない古いチューナーでも支障無く音声が聞けることが、ステレオ化する最低条件になる。

元々の音声となる部分は、先に述べた左信号と右信号を加算した和信号とする。いわゆるモノラル音声である。

そして、これに左信号から右信号を減算した差信号を別に用意することで、受信側では和信号+差信号=左の信号(L)、和信号-差信号=右の信号(R)という操作で左右の音が得られるのである。

電波帯域

FMラジオ放送では1チャンネルあたり帯域が200kHzと広く確保されているため、信号を追加するにも余裕がある。

差信号は38kHzの正弦波の副搬送波を重畳して帯域をずらすことで、和信号が50Hz〜15kHzの範囲なのに対し、差信号を38kHz±15kHzにずらし、一つの帯域を2チャンネルに分割して利用している。

ステレオ複合信号 周波数成分
ステレオ複合信号 周波数成分

リンク
関連する用語
搬送波
FM文字多重
パイロットトーン方式
ステレオ複合信号
AMステレオ放送

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic