通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物理 > 波動 > 電磁波 > 電磁波の名称
超短波
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:ちょうたんぱ
外語:VHF: Very High Frequency
品詞:名詞

電波帯域の区分の一つ。ITU Radio Regulations(無線通信規則)の記号は「VHF」、電波法施行規則では「メートル波」。

目次
範囲
特徴
用途

原則として到達範囲は見通し範囲内に限られるが、地形や建造物による反射や回折により、直接見通せない範囲にも伝わる。

主な用途は次の通り。

テレビ放送

かつては、地上アナログテレビジョン放送などで使われていた。

日本では地デジ化に伴いテレビ放送をUHF帯に移したため、VHF帯はテレビ放送では使用されなくなった。

日本の場合、次の2帯でアナログ放送がなされていた。

V-High帯のうち、10チャンネル後半から12チャンネルに対応する周波数を、携帯端末向けのマルチメディア放送「モバキャス」で利用するようになった。

前後の帯域

(長波長) 短波(HF) ‐ 超短波(VHF) ‐ 極超短波(UHF) (短波長)

リンク
用語の所属
電波帯域
電磁波
電波
関連する用語
電離層
超短波放送

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic