通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 太陽系 > 惑星系 > 地名・現象
電離層
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:でんりそう
外語:ionosphere
品詞:名詞

大気圏上空で、短波帯近辺の電波を反射する性質を持った層。

この領域では太陽からの紫外線X線により、大気原子分子電子イオンに電離している。

地球上は粒子密度が高いため、通常の気体は常温では殆ど電離しない。しかし高度が増し粒子密度の減少し、また太陽からやってくる紫外線やX線の影響を受けるにつれ電離の割合は増え、高度70km程度より上空の大気層では電離の割合が極めて高くなる。この大気層を電離層と呼ぶ。

短波帯の電波を使った通信や放送は電離層の影響を敏感に受けるため、常にその状態が観測されている。

リンク
関連する用語
大気圏
D層
スポラディックE層
太陽
紫外線
X線
原子
分子 (物質)
電子
イオン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic