通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv6
フローラベル
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:フローラベル
外語:Flow Labels
品詞:名詞

IPv6ヘッダー内のフィールドの一つ。

目次
概要

RFC 2460においては、非デフォルトQoSやリアルタイムサービスなど、リアルタイム性の高いトラフィックにフローラベルを付けることで、優先順位の高い通信をすることができる、としている。

具体的には、インターネット電話のように特に高いリアルタイム性が求められる場合に使われる。

特徴

RFC 6437(IPv6フローラベル仕様)においては、途中の経路での変更は一切してはならない。

送信元はフローラベル値が偶然に一致しないよう、連続値とするか、または疑似的にでも乱数にするべきである(SHOULD)、としている。

また、フローの扱いを提供しない経路(ルーター等)は、この値は無視する。

リンク
用語の所属
IPv6
IPヘッダー
関連する用語
リアルタイム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic