通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > アドレス
ブロードキャストアドレス
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ブロードキャストアドレス
外語:Broadcast address
品詞:固有名詞

ブロードキャストによる通信を行なうためのアドレスのこと。

目次
概要

IPネットワークでは、IPv4には存在するがIPv6には存在しない。この通信はEthernetの場合はあまり負荷とならないが、FDDIなどではその特性上、かなりの負荷がかかる。

また、Ethernetにもブロードキャストアドレスが存在する。

技術
IPv4

種類

IPブロードキャストには、次の三種類がある。

ローカルブロードキャストとダイレクトブロードキャストは、ネットワーク部とホスト部があるIPアドレスのうち、ホスト部の全ビットを1にしたアドレスを用いる。両者の違いは、自分の所属するネットワーク内宛か、他のネットワーク宛かであり、ルーターは、ローカルブロードキャストは転送しないが、ダイレクトブロードキャストは転送する。

制限ブロードキャストは、DHCPの発見パケットを送信する場合など、自ノードのIPアドレスや自ノードの所属するサブネットが不明な場合に使用される。ルーターは転送しないので、到達範囲はローカルブロードキャストと同様である。


差異

自ホストが「192.0.2.1」であった場合、「192.0.2.255」に送信することをローカルブロードキャストという。自分が所属するネットワーク(この場合は192.0.2.0/24)内にブロードキャストされる。

ダイレクトブロードキャストは、異なるネットワークに対してブロードキャストを行なうものである。例えば「198.51.100.0/24」というネットワークに対しては、「198.51.100.255」に送信することになる。ダイレクトブロードキャストは通常、必要がなく、相手ネットワークに大きな負荷を与える可能性があるので、外のネットワークに出ていかないようルーターで叩き落とすことが多い。

制限ブロードキャストは、常に「255.255.255.255」である。DHCPなどで使用される。

Ethernet

Ethernetでは、48ビットのアドレスの全ビットが1、つまり「FF:FF:FF:FF:FF:FF」がブロードキャストアドレスとなる。

Ethernetの層、つまりデータリンク層のレベルでの全宛先に対し、このフレームを送信する。より簡単には、ルーターで区切られているネットワーク内に届けられる。

主としてARPなどで使われている。

リンク
用語の所属
ブロードキャスト
関連する用語
IPアドレス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic