通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 用途分類 > エラーチェック
モジュラス11 (ISBN)
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:モジュラスイレブン
外語:MOD 11: modulus 11
品詞:名詞

モジュラス11アルゴリズムの一つで、「モジュラス11 ウエイト10〜2」と表現される。

目次
概要

ISBNISSNの読み取りミスを防ぐために使われるチェック用数字(チェックディジット)の算出方法として使われている。

特徴

具体的には、末尾桁を除き、その前の桁を2、更に前の桁を3、として、先頭桁は10として掛け算し、それを単純に加算した後、結果を11で割った余り(剰余)を求め、11から剰余を引いた値の11の剰余を用いる。結果が0〜9ならそのまま、10ならXとする。

例えばISBN4-88380-478-Xを例とすると、末尾Xがチェックディジットである。このXはどう求められているかというと、次のように求めているわけである。

  1. サム以外の桁に10〜2を掛けて加算する (10×4)+(9×8)+(8×8)+(7×3)+(6×8)+(5×0)+(4×4)+(3×7)+(2×8)→298
  2. 結果を11で割って余り(剰余)を求める 298÷11→27…1
  3. 11から剰余を引く 11-1→10
  4. 結果を11で割って余り(剰余)を求める 10÷11→0…10

もって、ディジットXつまり10は正当であることが求められた。

リンク
用語の所属
チェックディジット
モジュラス11 (総称)
11
関連する用語
ISBN

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic