通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv6 > アドレスの種類
ユニークローカルユニキャストアドレス
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ユニークローカルユニキャストアドレス
外語:Unique Local Unicast Addresses
品詞:名詞

IPv6アドレスの一つで、IPv6で使われるローカルアドレスのユニキャストアドレスのこと。

目次
概要

IPv4における、プライベートIPアドレス(192.168.0.0/16のようなもの)に相当する。

インターネットに接続されていないネットワーク内で自由に利用できるIPv6アドレスとして、かつてのサイトローカルユニキャストアドレスを置き換える形で定義された。

2003(平成15)年末から議論が始まり、2005(平成17)年10月にRFC 4193がStandards Track(標準化過程)で発行された。

特徴
範囲

次の範囲が定義されている。

具体的には、次の範囲である。

約2澗6600溝個分の領域があり、IPv6全アドレス空間のうち、1/128を占めるアドレス空間である。

ただし、そのうちの半分は現在未使用である。

構造

RFC 4193で規定されて以来、仕様は変わっていない。

プリフィックスは2進数で1111110であり、従ってこのアドレスはfc00::/7となる。

グローバルID

かつてのサイトローカルユニキャストアドレスは、サブネットIDとインターフェイスIDのみがアドレスに含まれていたが、スコープ(サイト境界)の定義があいまいになることと、サイトの併合時に重複が発生することが問題視された。

特に後者はNATを助長することとなり、NATを毛嫌いするIPv6開発メンバーから嫌われたことから、その代替として作られたのがユニークローカルユニキャストアドレスだった。

アドレスに40ビットのグローバルIDという乱数を含むため、完全ではないが一意性が高い。重複の問題も、避けやすくなる。

リンク
用語の所属
IP
IPv6
IPv6アドレス
関連する用語
サイトローカルユニキャストアドレス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic