通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 同期・走査
垂直帰線区間
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:すいちょく-きせん-くかん
外語:vertical blanking period
品詞:名詞

地上アナログテレビジョン放送などの映像信号に挿入される、映像信号を含まない部分。

概要

ブラウン管の画面は、信号を上から下まで走査するのに合わせて電子銃が上から下までビームを発する。描画が終わると次の走査を開始するが、電子銃が元の位置に戻るまでに時間が掛かるため、この時間に相当する信号部分が垂直帰線区間である。

この期間に垂直同期信号(V-SYNC)が挿入されるが、VITS信号、静止画放送用信号、文字放送信号なども必要に応じてこの期間内に挿入する。

リンク
用語の所属
テレビ
関連する用語
帰線
垂直同期信号
水平帰線区間
垂直帰線消去期間

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic