通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 同期・走査
垂直帰線消去期間
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:すいちょく-きせん-しょうきょきかん
外語:VBI: Vertical Blanking Interval
品詞:名詞

テレビ放送の画面で、ある画面を描き終わってから、その次の画面を描きはじめるまでの間のこと。垂直ブランキング期間、VBIとも。

目次
概要
走査

アナログテレビジョン放送の場合、インタレース(飛び越し走査)といい、最初に1行おきに走査して粗い画面を描き、次にその間を埋めるように画面を描いている。

2回の走査で一つ画面が作られるが、1回の走査の画面はフィールドと呼ばれ、2フィールドあわせた画面をフレームと呼ぶ。

NTSC

日本で使われるNTSC方式の場合は1秒間に30フレーム(60フィールド)の画面を送ることにより、動きのある映像を作っている。

NTSCでは525本の走査線が用意されている。一回目の走査は奇数フィールド(1、3、5、7…523、525番目の走査線)、2回目の走査は偶数フィールド(2、4、6、8…524番目の走査線)で、計525本である。

これを、1H〜525Hと呼ぶ(1H〜263Hが奇数フィールド、264H〜525Hが遇数フィールド)。

特徴

以下は、日本のNTSC方式について記述する。アメリカのNTSCでは、信号が異なっている。

VBI領域

このうち、各フィールドの最初の走査線21本は画面表示には使われていない。

画面を描くためのタイミングを取る信号(垂直同期信号)などに9本を使っているほかは、未使用となっている。これを利用して、テレビジョン文字多重放送テレビジョン・データ多重放送などが行なわれている。

目的があって作られた仕様であるにもかかわらず、昨今のマスコミによる報道では「電波の隙間」などと呼ばれる。

範囲

垂直ブランキング期間(VBI)は、1H〜9H、264H〜272Hである。

映像信号は、22H〜263H、285H〜525Hであるが、22Hは後半、263Hは前半にしか映像が載らないため、VBIと見なすこともできる。

容量

NTSCでは、走査線1本につき22バイトを送信できる。

これが秒間で60フレーム送信されるため、22×60で最大毎秒1,320バイト送信可能である。

VBIマップ

日本では、VBIを次のように用いている。

1H(264H)垂直同期信号
2H(265H)
3H(266H)
4H(267H)
5H(268H)
6H(269H)
7H(270H)
8H(271H)
9H(272H)
10H(273H)ADAMS
11H(274H)
12H(275H)
13H(276H)
14H(277H)テレビジョン文字多重放送
15H(278H)
16H(279H)
17H(280H)テスト信号(VITS)
18H(281H)
19H(282H)
20H(283H)
21H(284H)テレビジョン文字多重放送

ゴースト除去基準信号は、18Hおよび281Hに重畳されている。

CGMS-Aは、21Hおよび284Hに符号化されたID情報として重畳している。

リンク
関連する用語
同期信号 (テレビジョン)
垂直帰線区間
帰線消去
フレーム (ビデオ)
NTSC
多重放送
テレビジョン文字多重放送
テレビジョン・データ多重放送

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic