通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字集合(CCS) > 日本語
旧JIS
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:きゅうジス
外語:old JIS
品詞:名詞

JIS C 6226-1978情報交換用漢字符号系の俗称。

目次
概要

1978(昭和53)年に、日本では初めて(世界でも初めて)標準化された漢字コード仕様である。

JIS X 0208発効に伴い1987(昭和62)年3月1日に廃止されているが、PC-9800シリーズでは最後まで現役として採用され続けた。

第1水準漢字2,965文字、第2水準漢字3,384文字、非漢字453字を含め、合計6,802文字が収められている。

特徴

旧と殊更に言われる理由は一つしかなく、新と仕様が違うからである。

新しい仕様JIS C 6226-1983(後にJIS X 0208-1983に改名)で、新しい文字が追加されたことは良いとしても、44文字のコードポイントの入れ替え、244文字程度の字形の変更、という仕様変更が入った。

このため互換性が低くなり、実装側も新仕様への移行がすんなり行かなかったのである。

リンク
文字集合
JIS C 6226-1978
JIS X 0208-1983
JIS X 0208-1990
関連する用語
PC-9800シリーズ
新JIS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic