通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > ルーター用 > ルーティング技術
距離ベクトル方式
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:きょりベクトルほうしき
外語:Distance-Vector
品詞:名詞

ルーティングプロトコルの一つで、距離と方向によって目的のネットワークやホストの位置を決定する方式。

Bellman-Ford型、またはディスタンスベクター方式ともいう。

特徴

隣接ルーター間で経路表(ネットワークの向きと距離に関する情報)の交換を繰り返すことで経路表を作る。

距離と向きの情報しかないためアルゴリズムは単純で、ルーターのCPU消費量は少ない。その反面、収束時間は比較的長く、必要なネットワーク帯域も広く、ネットワーク障害時に時として奇妙なループを形成したりして不安定になる、といった欠点もある。

主な実装に、次のようなものがある。

リンク
用語の所属
ルーティング
動的ルーティング
ルーティングアルゴリズム
関連する用語
Bellman-Ford型
ルーター
リンク状態方式

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic