通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > ルーター用 > ルーティング技術
リンク状態方式
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:リンクじょうたいほうしき
外語:Link-state
品詞:名詞

ルーティングプロトコルの一つ。リンクステート方式ともいう。

目次
概要

ルーター間の情報交換でネットワークトポロジーのデータベースを構築し、それを基にして各ルーターが経路計算を行なう方式。

特徴

全てのルーターがネットワークの全体像を把握しているため、ネットワーク障害時の収束時間は短く、ネットワークに対する負荷も小さい。

また経路情報をルーター間で常に同期できれば、ネットワークの構造が複雑化してもルーターは正しい経路制御が可能となる。

但し、プロトコル自体が複雑なためルーターのCPUやメモリーを大量に消費し、また設定もしばしば困難となる。

実装は、OSPFが代表的。

リンク
用語の所属
ルーティング
動的ルーティング
ルーティングアルゴリズム
関連する用語
ネットワーク
ネットワークトポロジー
OSPF
距離ベクトル方式

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic