通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > ネットワーク構成 > 形態(トポロジー)
ネットワークトポロジー
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:ネットワークトポロジー
外語:network topology
品詞:名詞

ネットワークの構成形態のこと。トポロジーは位相数学や地勢学の意。

目次
概要

ネットワークの規模が大きい場合は、その配線形態をどのようにするかが非常に重要な問題となる。

接続は、次の三種類に分けられる。

特徴

ポイント・ポイント(P-P)は専用線に代表される、相手が固定または常時接続であるものである。

ポイント・マルチポイント(P-MP)は分岐型ネットワークで、マルチドロップやマルチリービング(デイジーチェーン)がある。

マルチポイント・マルチポイント(MP-MP)はLAN/WANの形態であり、バス型接続リング型接続スター型接続などがある。

リンク
関連する用語
ネットワーク
マルチドロップ (接続形態)
デイジーチェーン
バス型接続
リング型接続
スター型接続
メッシュ型接続
複合型接続

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic