通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > ネットワーク構成 > 形態(トポロジー)
スター型接続
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:スターがた-せつぞく
外語:star topology
品詞:名詞

LANなどのネットワーク接続の形態(ネットワークトポロジー)の一つ。

目次
概要

HUB(ハブ)と呼ばれる集中結線装置を中心に、UTPケーブルで接続する。

これが星のような接続であるため、スター型と呼ばれる。現在よく使われる方式だが、HUBが必要なため若干割高になる。

特徴

特徴は、各クライアントがそれぞれ独立した配線上にある点で、このため回線の断線などが発生した場合、その箇所の断定が容易である。

1BASE5(IBMのStarLAN等)、10BASE-T100BASE-TXなどのLANや、USBなどが該当する。

模式図

模式的に図にすると次のようになる.

リンク
用語の所属
ネットワークトポロジー
関連する用語
HUB
回線
1BASE5
10BASE-T
100BASE-TX
USB (バス)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic