通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN
通信 > 装置・設備 > 規模
LAN
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:ラン
外語:LAN: Local Area Network
品詞:名詞

ローカルエリアネットワークの略で、狭い範囲でのネットワーキングシステムを指す。

目次
特徴

昔のようにインターネットが無かった頃の用途としては、Netwareなどによるファイルの共有、プリンターの共有などが主要な用途だった。

これによって、多数の電子計算機で少数の高速なプリンターなどを共有でき非常に便利である。またNOSによってはメール機能などが付いているものもある。

これは見たところコストダウンにつながるはずなのだが、全体的に考えると割高になることが多かった。

現在では家庭内LANなども一般化した。ファイルやプリンターの共有などのほか、接続されたパソコンから、ルーター等を経由してインターネットに接続する目的で使われることが多い。

会社などでも概ね同じ用途で使われる。

昔と違い、現代ではプロトコル的にはEthernetの上にTCP/IPを乗せて使う。

また有線だけではなく、無線LANなども普及している。

接続形態

LAN接続形態としては、次のようなものがある。

現在の主流はHUBを利用したトロポジであるスター型接続である。

リンク
関連する用語
ネットワーク
クライアントサーバーモデル
Peer to Peer
Ethernet
Token Ring
FDDI
無線LAN
家庭内LAN
車内LAN
WAN
MAN
PAN

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic