通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > 配線機器 > HUB
HUB
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:ハブ
外語:HUB
品詞:名詞

スター型接続ネットワークで用いられる、集中結線装置のこと。

目次
概要

HUB
HUB

HUBは英語で「中心」という意味がある。その名の通り、この装置を中心として10BASE-TなどのUTPケーブル同士や、USBの機器同士の接続を行なう。

HUBは、ネットワークを広げるために使われる装置である。

特徴
分類

HUBは信号の出力の方法でいくつか分類でき、大きくは次の二種類に分けられる。


リピーターHUB

最も単純なHUBが、パッシブ型やリピーターHUB(ダムHUB)と呼ばれるものである。

これは、受け取った信号をそのまま接続されている全ポートに出力する。HUBは安価になるが、信号の衝突やロスが生じるため効率が犠牲になる。

これに加えてデータのフィルタリングなどの機能を追加したものをアクティブ型と呼ぶ。管理機能などが付いたものはインテリジェント型と呼ばれる。


スイッチングHUB

受け取ったパケットやフレームデータのヘッダーを逐次解析し、接続すべきポートを割り出し、物理的に1対1で接続するように切り替える交換機が内蔵されたHUBのこと。

信号の衝突やロスが生じないが、その分高価になる。

接続

HUB同士はクロスケーブルを使って接続することが可能だが、HUBを通過するたびに信号に遅延が生じるという問題がある。

そのためEthernetのHUBでは最大数が制限されている(10BASE-Tなら4段、100BASE-TXなら2段程度で例外あり)。

しかしネットワークの規模が大きくなると拡張に制限が出来てしまうため、HUB自体の拡張機能としてポート数を追加する増設用の専用ポートが用意されることがある。これはHUB内の専用バスなので、増設したHUBは、全てまとめて1台のHUBとして機能する。このようなタイプをスタッカブルHUB(Stackable Hub)と呼ぶ。

リンク
使用される環境
スター型接続
Ethernet
ネットワーク
関連する装置
リピーターHUB
スイッチングHUB
デュアルスピードHUB
インテリジェントHUB
スタッカブルHUB
カスケードHUB
関連する技術
クロスケーブル
アップリンク (一般)
10BASE-T
UTP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic