通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > 配線機器 > HUB
スイッチングHUB
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:スイッチング-ハブ
外語:switching HUB
品詞:名詞

スター型接続のネットワークで用いられるHUBの一種で、受け取った信号から接続すべきポートを割り出し、物理的に1対1で接続するように切り替える交換機が内蔵されたもの。

目次
概要

レイヤー2スイッチとも呼ばれ、より具体的にはOSI参照モデルのレイヤー2(データリンク層)で使われるMACアドレスで経路制御を行なう。

スイッチングHUBは各ポートの接続先のMACアドレスを記憶しており、これを基にして、装置の接続されているポートにだけパケットを流す。

次のような方式がある。

特徴

1対1で接続されているのと同等のため回線の帯域をフルに用いた通信を行なえ、また同時に複数のノードが通信を行なっても信号の衝突(コリジョン)やロスが発生することはない。

これにより、リピーターHUBのようなHUBの多段接続の制限も受けないという利点があり効率が上がるが、その分高価になる。

リンク
装置の趣旨
HUB
関連する装置
インテリジェントHUB
リピーターHUB
関連が深い装置
マルチポートブリッジ
バッファー型ディストリビューター
レイヤー2スイッチ
スイッチ
関連する技術
ストアアンドフォワード方式
カットスルー方式
関連する用語
ノード
コリジョン
スター型接続
データリンク層
ワイアースピード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic