通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > 配線機器 > スイッチ
レイヤー2スイッチ
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:レイヤートゥースイッチ
外語:L2SW: Layer 2 switch
品詞:名詞

OSI参照モデルにおけるレイヤー2(データリンク層)で判断して動作するスイッチ。略して「L2SW」。

目次
概要

MACアドレスによる経路制御を行ない、無駄なパケットを流さないようにする。

スイッチングHUBはこれにあたるが、普通は、より高機能の装置に対してこの名称を用いる。

特徴

高度なものではVLANの設定、ネットワーク統計情報の収集、ポートミラーリング等の機能を持つものもある。原則としてIP層には関与しない。

ただし、TCP/IP上のプロトコル(TELNETSNMPHTTPなど)を用いて管理できるような機能を持つものもあり、その場合には管理用のIPアドレスを持つことになる。

リンク
用語の所属
スイッチ
関連する用語
スイッチングHUB
レイヤー3スイッチ
レイヤー4スイッチ
レイヤー7スイッチ
マルチレイヤースイッチ
OSI参照モデル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic