通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > 配線機器 > スイッチ
マルチレイヤースイッチ
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:マルチレイヤースイッチ
外語:multi layer switch
品詞:名詞

複数のレイヤーの情報を基にパケットの行き先制御が可能なスイッチ

概要

普通のスイッチングHUBは、ブリッジと同じくMACアドレス、つまりレイヤー2の情報を元にパケットの行き先を制御している。

マルチレイヤースイッチでは、一般にそれに加えてIPアドレス(レイヤー3)やポート番号(レイヤー4)、tcp/udpの別(レイヤー4)の情報を用いてパケットの行き先制御が可能である。ものによっては、アプリケーションの通信内容(レイヤー7)情報を用いて動作するものもある。

なお、これらはそれぞれレイヤー3スイッチレイヤー4スイッチレイヤー7スイッチと呼ばれる。

リンク
関連する用語
スイッチ
スイッチングHUB
レイヤー3スイッチ
レイヤー4スイッチ
レイヤー7スイッチ
ブリッジ
MACアドレス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic