通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 画面
輝度信号
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:きどしんごう
品詞:名詞

ビデオ(映像)信号における輝度(明るさ)を表わす信号のこと。

目次
概要

この信号のみを再生すれば、自然なモノクロ画像(グレイスケール)が得られる。

放送用の色空間は、NTSCならYIQ、PALならYUV、SD映像ならYCbCr、HD映像ならYPbPrで表わされるが、それぞれのYが輝度信号となる。

特徴

もともと、NTSCで始まったテレビ放送はモノクロ放送だった。

この放送をカラー化するにあたり、白黒放送との互換性を維持する必要があったため、NTSCは輝度信号(白黒信号)と色度信号(色信号)で映像を表現している。

リンク
関連する用語
Y/C分離
Y/C
色度信号
色信号
コンポジット映像信号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic