通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 画面
色度信号
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:しきどしんごう
外語:chromaticity signal
品詞:名詞

カラーテレビでの色の性質を表わす信号。クロマ信号。色信号とも。

目次
概要

色の三要素(HSV)は色相、彩度(飽和度)、明度(輝度)である。このうち輝度は白黒テレビとカラーテレビ共通の信号なので、残りの色相と彩度がカラーテレビでの色の性質を決定する。

そして、この二信号を同時に表わす信号を色度信号と呼んでいる。

特徴

テレビ放送のコンポジット映像信号Y/Cと呼ばれる。うち、Yが輝度信号で、Cが色度信号である。

NTSC方式カラーテレビにおいては、色差信号として表現されるI信号およびQ信号が色度信号であり、これと輝度信号(Y)を合わせた3つの信号でカラー画像を再現している。

リンク
関連する用語
色差信号
色信号
Y/C分離
Y/C
カラーバースト信号
APC
クロスカラー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic