通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 画面
色差信号
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:しきさしんごう
外語:color difference signal
品詞:名詞

カラーテレビにおける明るさを表わす輝度信号(Y)と、三色信号(RGB)との差(R−Y)、(G−Y)、(B−Y)のこと。

目次
概要

NTSCはYIQのうちのIQが、PALYUVのうちのUVが、色差信号である。

「人間の目は明るさの変化には敏感だが、色の変化には鈍感である」という性質に基づいて、色信号の情報量を減らすために考案された。

輝度信号(Y)はそのまま、色差信号を周囲の画素とともに間引いても人間の目には画像の劣化は殆ど目立たない。このため、色差信号を中心に情報量を削ることで画像の圧縮をしている。

特徴
NTSC

NTSC方式では、次の式で(R−Y)と(B−Y)を混合したI,Q信号を作る。

PAL

PAL方式では、次の式で(R−Y)と(B−Y)からU,V信号を作る。

リンク
関連する用語
色度信号
色信号
輝度信号
同期信号 (テレビジョン)
カラーバースト信号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic