通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.3 > 802.3z(GbE)
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > Ethernet > ≦1Gbps
1000BASE-LX
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:せんベース-エルエックス
外語:1000BASE-LX
品詞:名詞

1000Mbps(1Gbps)の通信が行なえるギガビットEthernet(GbE)の一種で、長波長(1350nm)レーザーを用いるもの。IEEE 802.3zで定義される。

概要

機器は1000BASE-SXより高価だが、最長距離はマルチモードファイバーで550m、シングルモードファイバーで5kmと長い。

さらに、レーザー強度を上げた長距離輸送(LH: Long-Haul)仕様の1000BASE-LHがあり、この仕様ではケーブル長を約10km(製品によっては更に数倍)まで延ばすことができる。そのため、ビル間など比較的長距離なLANで使われている。

リンク
用語の所属
GbE
1000BASE-X
1000BASE-LX/LH
LX
関連する用語
1000BASE-LH
1000BASE-CX
1000BASE-SX
1000BASE-T

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic