通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > Ethernet > ≦1Gbps
1000BASE-TX
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:せんベース-ティーエックス
外語:1000BASE-TX
品詞:名詞

UTPケーブルを用いたギガビットEthernet(GbE)で、TIA/EIA-854で定義される。IEEE 802.3ではない。

特徴

ケーブルにはカテゴリー6を用い、UTPの4対すべてを送受信に用いる。

IEEE 802.3abの1000BASE-Tの場合、各対ごとに250Mbpsの全二重通信を行なっている。全二重通信をするため、自分が出力した信号のエコー管理が必要となる他、他の信号線からのクロストーク問題の解決も必要など、技術的にかなり面倒なものとなっている。また受信した250Mbps×4を一つにまとめる処理でも、僅かなタイミングのずれが出ただけで同期が取れなくなり、通信が不可能となる。

対してこの1000BASE-TXは、2対をそれぞれ送信と受信に分け、各対ごとに500Mbpsで通信する。エコー管理は不要で、クロストークの除去もさほど困難ではなく、回路がシンプルになるぶん価格も下げられるというメリットがある。

リンク
用語の所属
GbE
TX
関連する用語
1000BASE-T

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic