通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > Ethernet
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.3
IEEE 802.3
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんさん
外語:IEEE 802.3
品詞:名詞,団体組織名

IEEE 802標準化委員会のうち、802.3 Ethernet作業部会のこと。及びこの部会で策定されたLANの代表的な接続方式の標準。ISOではISO 8802-3が相当する。

目次
概要

IEEE 802.3とは、IEEE 802標準化委員会の802.3 Ethernet作業部会のことである。ここから、この作業部会で作られた仕様をIEEE 802.3と呼ぶ。

元々は1976(昭和51)年に米Xerox社のパロアルト研究所(PARC)で開発され、DEC、Intel、Xeroxによって策定されたEthernet(通称DIX仕様)を元にIEEEが標準化した。

しかしDIX仕様とは非互換であるため、相互の通信は出来ないが、殆どの機器が双方を扱うことができる。

IEEE 802.3は、無線LANや、有線ではIPX/SPXNetBIOSなどで使われている。

特徴
物理層

様々な物理層が使われている。

技術一覧
タスクフォース
作業部会一覧

10BASE5から始まったIEEE 802.3は、後から規格が融合、更新され、現在に至っている。

技術
フレーム

IEEE 802.3の仕様

IEEE 802.3(Ethernet)の最大フレーム長は、元々は1518バイトだった。

IEEE 802.1Q(VLAN)規格でのTAG情報4バイト付加に対応するため、IEEE 802.3acで1522バイトに拡張された。

更にIEEE 802.3asは、Ethernetの最大フレーム長を通常の1518バイトから2000バイトまで延長する。


構造

EthernetとIEEE 802.3のフレーム構造は似ているが、一部に決定的な差異がある。

どちらもデータは46〜1500オクテットで同じだが、その前には先頭から、プリアンブル、SFD、宛先(DA)、送信元(SA)、長さ、必要に応じてTAGが付く。この「長さ」領域がEthernetとIEEE 802.3の大きな違いとなっている。

またデータの後にはFCSや拡張領域などが付けられる。

プリアンブル
7オクテット以上0と1が交互に並ぶ。
SFD(Start Frame Delimiter)
フレーム開始デリミター。フレームの開始を表わす1オクテット。常に10101011
宛先/送信元
いわゆるMACアドレス
長さ
データ/PAD部の長さ(46〜1500)
TAG
IEEE 802.1p/802.1QではVLANや優先度情報を含むタグをつけることで、IEEE 802.3上でのQoSを実現する。
FCS
CRC
Carrier Extension
ギガビットEthernetで使われる。
リンク
関連するリンク
IEEE 802.3 CSMA/CD
用語の所属
Ethernet
IEEE 802
関連する用語
SNAP
LLCヘッダー (Ethernet)
IEEE 802.1X
IEEE 802.1Q
IEEE 802.2

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic