通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.3 > 802.3ae・3an(10GbE)
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > Ethernet > ≦10Gbps
10GBASE-Wファミリー
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:じゅうギガベースダブリューファミリー
外語:10GBASE-W family
品詞:名詞

IEEE 802.3aeで策定された規格の一群のこと。

目次
概要

WAN向けの10GbEの一連の規格で、用いる光の波長により10GBASE-EW10GBASE-LW10GBASE-SWがある。

符号化は64b/66bで、シリアル通信となっている。

特徴

WAN向けということで、既に広く用いられているSONET/SDHを想定して規格に含めているのが特徴である。

なお、他の10GbEシリーズと異なり、このグループでは実際にはやや狭い帯域(約9.2857Gbps)となっているが、これはターゲットとしているSONET(STS-192)が9.95328Gbpsの帯域しか持たず、10Gbpsの信号をそのまま通そうとするとパンクしてしまうためIFGと呼ばれるギャップを入れることで帯域を調整していることによる。

リンク
関連する用語
10GBASE-X
10GBASE-EW
10GBASE-LW
10GBASE-SW

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic