通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.3 > 802.3ae・3an(10GbE)
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > Ethernet > ≦10Gbps
10GBASE-X
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:じゅうギガベースエックス
外語:10GBASE-X
品詞:名詞

10GbEの規格の総称。2002(平成14)年6月にIEEE 802.3aeとして大半の規格が標準化され、更にIEEE 802.3anで10GBASE-Tが追加された。

目次
概要

大きくわけてWAN用の10GBASE-WファミリーLAN用の10GBASE-Rファミリーがあり、それぞれ用いる波長などによってさらに細かく分かれる。

名称としては、10000BASE-Xとなる可能性もあったが、結局10GBASE-Xで落ち着いた。

種類

平衡型ケーブルを用いた10GBASE-CXも一時検討されたが、規格としては採用されていない。

10GBASE-Tは従来のUTPではなく、STPを用いる。

リンク
関連する用語
10GbE
IEEE 802.3ae

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic