通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.3
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 有線 > Ethernet > ≦10Mbps
10BASE2
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:テンベーストゥー
外語:10BASE2
品詞:名詞

バス型接続Ethernetの代表例。Thinnetとも呼ばれる。IEEE 802.3aで規定されている。末尾の2は約200m(理論値は185m)まで伝送可能の意。

特徴

直径0.2インチ(5.08mm)の同軸ケーブルを用い、両端にはBNCコネクターが付いている。同軸線同士はT型コネクターで連結し、両末端は終端抵抗50Ωでターミネートする。電子計算機はT型コネクターのBNCに接続する。

コストは安いが、自由に接続の変更が出来ない、どこかが断線するとネットワーク全体が使用不可能になる、などの問題もある。そのため次第に使用されなくなり、現在では10BASE-Tやそれを拡張したものが主流になっている。

リンク
用語の所属
Ethernet
IEEE 802.3
バス型接続
関連する用語
同軸ケーブル
デイジーチェーン
マンチェスター
10BASE5
10BASE-T
10BASE-F

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic