通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > セキュリティ > 暗号技術
2DES
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ダブルデス
外語:double DES
品詞:名詞

DESを2回行ない、より高い安全性を求める方法(と考えられていたもの)。

目次
概要

DESは鍵長が56ビットしかないため、コンピューターの性能向上によりブルートフォースアタック(総当たり攻撃)でも数日程度で暗号を破ることが可能となった。

それでも、DESを2回用いることで、総当たり攻撃への安全性を高めることができる。

特徴

1回目を鍵Aで暗号化し、2回目を鍵Bで暗号化する、というもの。

しかし、中間一致攻撃が発案されると、2DESの鍵の強度は高々2倍にしかならないことが判明したため、この暗号方式は早々に破棄された。

そのため、以降は3DESが主に使われるようになった。

リンク
関連する用語
DES
3DES
差分解析法
線形解読法

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic