通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 無線交信 > 無線工学 > 電波 > 電波帯域 > 周波数による分類
3.5GHz帯
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:さんてんごギガヘルツたい
外語:3.5GHz band
品詞:名詞

3.5GHz〜3.6GHz周辺の周波数帯のこと。日本では、第4世代移動通信システム用として計画されている電波帯域の俗称。

概要

第4世代移動通信システム(4G)は、最大1Gbpsの高速な通信と、周波数の異なる複数の信号を束ねて高速化するキャリアアグリゲーションなどが特徴となる。

総務省は3480MHz〜3600MHzの120MHz幅をこの用途に用いることを決定し、2014(平成26)年9月26日〜2014(平成26)年10月27日17:15(@385)までで申請の受付を実施した。

TDD方式で、1事業者あたり40MHz幅、3事業者までを決定するとしている。

余程の事情が無い限りは、常識的に考えて、NTTドコモKDDIソフトバンクモバイルの3社に決まることはほぼ疑いようがない。

リンク
用語の所属
電波帯域

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic