通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 規模分類 > WAN > HDLC
ABM
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エイビーエム
外語:ABM: Asynchronous Balanced Mode
品詞:名詞

非同期平衡モード。HDLC等で使われる局動作モードの一つ。

目次
概要

二つのノード間で、ポイント・ポイントリンクを行なうために使われるプロトコルである。

このモードでは、複合局同士が互いに許可なく(随時)コマンドやレスポンスを送信できる。

特徴

全てのノードがデータ交換可能なことを特徴としている。

HDCLには他に、NRMARMという局動作モードがあるが、NRMでは二次局一次局からのポーリング応答のみが可能、ARMでは一次局・二次局いずれもデータ交換可能だが一方は誤り訂正などのメンテナンスのみ可能、という特徴がある。

リンク
用語の所属
HDLC
関連する用語
NRM
ARM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic