通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信
ANT
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アント
外語:ANT
品詞:名詞

センサーなどの情報伝送を目的とした、超低消費電力(ULP)型の通信規格。

目次
概要

ヘルスケア機器メーカーを親会社にもっていた、カナダのDynastream Innovations社(のちにGarmin社に買収される)が開発した、低消費電力での無線通信用プロトコルである。

BluetoothZigBeeなどと同様のISM帯(2.4GHz帯)を使用する。

特徴

通信速度は最大1Mbpsで、伝送距離は最大30m程度である。

ボタン電池一つで数年間持つ低消費電力を特徴としている。

その由来により、心拍計や血圧計などのヘルスケア機器で採用が進められた。その後は一般的なセンサーネットワークにも応用され、サイクルコンピューターと呼ばれる、自転車に取り付けるコンピューターでも利用されている。

リンク
関連するリンク
http://thisisant.com/
用語の所属
ULP
関連する用語
ANT+

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic