通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信
ZigBee
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ジグビー
外語:ZigBee
品詞:名詞

近距離無線通信技術の一つ。家電向けで、低速な代わりに安価で低消費電力を特徴とする。

目次
概要

物理層等についてはIEEE 802.15.4として規格化された。

論理層以上については、Zigbee Allianceが仕様策定を行なっている。

なお、ZigBeeはZigBee Allianceの商標であり、ZigBee Allianceが認定した製品のみがZigBeeを名のれる。したがって、単にIEEE 802.15.4に準拠しただけではZigBeeではない。

特徴
周波数

様々な周波数が使われている。日本では法律上、2.4GHz帯のみ利用可能。

速度や距離等

伝送技術にDSSS(直接連鎖スペクトラム拡散)を採用。

通信速度は最大250kbps(2.4GHz帯使用時)で、伝送距離は最大100m程度。

消費電力は数十mWである。

技術
デバイスタイプ

ZigBeeには、三種類のデバイスタイプが存在する。

IEEE 802.15.4ではZigBeeという名前が使えないため、それぞれ別の名称が与えられている。

プロトコルレイヤー

ZigBeeのプロトコルレイヤーは、上位から下位に向かい、次のように分類される。

PHY層とMAC層がIEEE 802.15.4である。NWK層とAPS層をZigBee Allianceが策定し、この仕様に準拠するとZigBeeを名のれるようになる。

APL層は、各メーカーが必要に応じて作成するアプリケーション層である。

リンク
用語の所属
近距離無線通信
IEEE 802.15.4
ULP
関連する用語
ISM (周波数帯)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic