通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織 > プロバイダー > 大洋州 > 日本 > インターネットサービス(ISP)
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織 > プロバイダー > 北米 > アメリカ > コンテンツサービス(CSP)
AOL
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体企業編 (CYENT)
読み:エイオウエル
外語:AOL: America OnLine
品詞:会社名,商品名

アメリカの大手インターネットサービス、インターネット接続サービス会社。

概要

かつて、世界最大のパソコン通信BBSだった。

現在はインターネットサービスプロバイダー(ISP)として運営されている。ISP事業は世界各国で展開されており、日本には1997(平成9)年に進出した。

1997(平成9)年9月には長距離電話会社WorldCom社がCompuServeをその親会社であるH&R Block社から買収、そしてCompuServeのコンテンツ部門CIS(CompuServe Interactive Service)をAOLに転売、これによりAOL社はパソコン通信時代には競いあったAOLとCompuServeの二つのコンテンツサービスを得ることになった。

リンク
関連するリンク
http://www.aol.com/
http://www.aol.jp/
用語の所属
パソコン通信
ISP
関連する用語
CompuServe
AOLインスタントメッセンジャー
AT&T

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic