通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 事業者/団体 > 有線
AT&T
辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:エイティーアンドティー
外語:AT&T
品詞:会社名

アメリカの大手電話会社。

元々は長距離・地域・国際電話通信の総元締として君臨していたが、1984(昭和59)年にAT&T(長距離・国際電話通信)とRBOCs(ベル系地域電話会社)に分離、1991(平成3)年にNCRを買収、1994(平成6)年にMcCaw Cellularを買収し再び巨大化を図ったが、1996(平成8)年に再びAT&T(長距離・国際・携帯電話通信)、Lucent Technologies(伝送機器製造)、NCR(コンピューター製造)の3つの独立した上場会社に分割された。

この会社のベル研究所電子計算機ネットワークに関する様々な技術開発を行ない、今日のネットワーク社会を産み出したが、3分割後、ベル研究所はLucent Technologiesの所属となった。

リンク
関連するリンク
http://www.att.com/
関連する用語
電話
ベル研究所
Lucent Technologies
a2b music
T1
電子計算機
ネットワーク
UNIX
EUC
JPIX
HomePNA
AT&T Mobility
AOL

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic