通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > ファイル名 > 拡張子
通信 > 技術 > ソフトウェア > Web
ASP (Microsoft)
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:エイエスピー
外語:ASP: Active Server Pages
品詞:名詞

MicrosoftWebサーバーIISで動作するサーバースクリプティング環境の一つ。従来のCGIに代わるものとされる。開発時の名称はDenali。

目次
概要

ファイルの拡張子を.aspとしたHTML中にVBScriptJScriptを用いてプログラムしておくと、サーバー(Active Server)上で処理を行ない、その結果をWebサーバー経由でクライアント側へ返すことができる。

クライアント側にスクリプトコードがロードされないためプログラムの隠蔽性が高く、また従来のVBScriptやJavaScriptと違いクライアントに依存しないで動作する。

特徴

ASPではActiveX(COM呼び出し)がサポートされており、ActiveXサーバーコンポーネントを利用することでサーバー上で稼働するデータベースや業務アプリケーションとの連携が可能。

また、スクリプトはHTML上に直接記述し、標準入出力を経由せずにデータのやりとりが行なえるため、プログラムの生産性も向上するとされている。

データベースへの連携が容易なためEC(電子商取引)やASP(アプリケーションサービスプロバイダー)等のWeb業務システムの活性化により注目を集め、業務レベルでも瀕用されているが、サーバーがWindowsでなければならないという根本的な問題もある。

対抗技術

対抗に、PHPがあり、標準技術の座を争っていた。

一時はJavaと呼ばれるサーバーアプリケーション技術サーブレット(J2EE、後のJava EE)、JSPなど)も存在した。

リンク
用語の所属
ASP
関連する用語
CGI
PHP
Java EE
JSP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic