通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > データリンク層(符号)
GARP
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:ジーアープ
外語:GARP: Generic Attribute Registration Protocol
品詞:名詞

ホスト→ブリッジ、またはブリッジ間で何らかの情報を受け渡しするための汎用プロトコル。IEEE 802.1Qで規定される。

目次
概要

数多くのブリッジが存在する大規模LANにおいて、VLANなどの設定を全てのブリッジに対して行なうのは非常に手間がかかる。

しかしこのプロトコルを使うと、あるブリッジから別のブリッジへと設定を伝播させることができるので、一ヶ所手動で設定するだけで済む。

特徴

このプロトコル自身は汎用であり、他のプロトコルから利用される。

このプロトコルを利用するプロトコルとしては、現在、VLAN IDを設定するGVRP、マルチキャストアドレスを登録するGMRPの二つがある。

ブリッジに対する通信であるので、IP層ではなくMAC層での通信である。

リンク
関連する用語
IEEE 802.1Q
ブリッジ
この技術を含む技術
GVRP
GMRP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic